>ドイツ連邦軍 HK417自動小銃600丁を「欠陥小銃」G36の代替として少数採用, Heckler & Koch HK 417 Battle Rifle / Sniper Rifle (2006), http://digital.realviewtechnologies.com/?xml=defencenews_army.xml&iid=50400. A New 5.56mm Generation or a Changing of the Guard? LayLax(ライラクス)はエアソフトガン(電動ガン・ガスガン・エアーコッキングガン)のカスタムパーツを企画・設計・開発し、サバイバルゲーム・シューティングマッチをはじめとした全世界のエアソフトガンファンの皆様に喜んでいただくため、この世に生まれたメーカーです。 ストックは電動ガンのHK417のものを流用しているみたいで、バットプレートを90度捻ると外すことができます。 次は内部構造の気になる部分に触れてみます。 (画像上:VFC製 HK416D 、画像下:VFC製 HK417) 通常分解すると、M4系GBBでお馴染みのローラー付ハンマーがHK417 HKPRO.com>Forum>HK416 and HK417 HQ>Current List of HK416/417 Mil/LE End-Users, http://www.malaysiandefence.com/?m=20100423, KCT sniper teams are using the Heckler & Koch 417, Police Headquarters Official Gazette No. h&k hk417; h&k hk417 ; 種類: 軍用自動 ... といった高い性能も保持されており、h&kではhk416と同等の10,000-15,000発までパーツの破損や交換を必要としない耐久性を保証している。 銃身長は12、16 、20インチが用意されており、cqbから狙撃まで対応可能で、ハンドガードは標準で9インチ(228.6mm H&K HK417(Heckler-und-koch HK417)は、ドイツのヘッケラー&コッホ社が開発した、7.62x51mm弾を使用する自動小銃である。, イラクやアフガニスタンにおいて、対テロリズム戦などでの7.62mmライフルの有用性が再評価されたことを受けて、H&K社が5.56x45mm NATO弾を使用するHK416(HKM4)の口径拡大型として開発したものである。, 半自動射撃機能のみとした民間向け型、MR308(MR762)も開発・販売されており、それを元にした狙撃銃、「H&K G28 DMR/DMR762」も開発されている。, ドイツのH&K本社で生産されている他、H&Kのアメリカ現地法人であるH&K Defence USA社によっても生産されており、同社が生産、納入/販売しているものにはHK417Dの名称が付けられている。, HK416の使用弾薬を7.62x51mm弾に拡大したものとして、弾薬の変更に応せて各所を改設計したもので、ショートストロークピストン式の作動機構、ピカティニー・レールシステムを装備したアッパーレシーバーとハンドガード、といった特徴は同様である。使用弾薬の大口径化に合わせてレシーバーを始めとした各部が拡大されている他、リコイルバッファーが強化されており、増大した発射反動に対処している。, 冷間鍛造技術の採用によって長寿命化された銃身や、保守性、耐塵性の高い内部構造、泥水に漬けた直後でも正常に動作するといった高い性能も保持されており、H&KではHK416と同等の10,000-15,000発までパーツの破損や交換を必要としない耐久性を保証している。, 銃身長は12、16[注釈 1]、20インチが用意されており、CQBから狙撃まで対応可能で、ハンドガードは標準で9インチ(228.6mm)長[注釈 2]、銃身に接触しない“フリーフローティング式(無接触式)”の取付構造となっている。上下左右4面にNATO規格STANAG4694またはSTANAG2324及びMIL規格MIL-STD1913に適合するレールを装備した“FFRS(Free Floating Rail System)”となっている。銃身とハンドガードは、基部にある2本のねじのみで固定されているため、個人レベルの作業で交換可能である[注釈 3]。また、このハンドガードの固定用ねじが一つから二つに増やされているのが、HK416との識別点の一つでもある。弾倉は同社のG36同様に、半透明プラスチック製の弾丸が見えるタイプが用いられており、後にHK416にも同様のものが使われるまでは、本銃の大きな特徴(及び、HK416との識別点)であった。, HK416同様に装着して用いることのできるオプションも充実しており、AG-C/GLMアドオン式擲弾発射器も装着できる[2]。また、H&K HK21用の50連発ドラム弾倉の使用も可能で[3]、その場合には軽機関銃もしくは分隊支援火器としての運用も可能である。, なお、アメリカ軍への採用が「アメリカの国産品ではない」という点から阻害されることと、武器の輸出入に関する国際的規制の手続きが販路拡大の障害になることから、H&K社はアメリカ政府及びアメリカ国内に納入・販売するものについてはアメリカでの現地生産を行う方針に切り替え、2007年に銃器部品の製造会社であるウィルコックス・インダストリーズ(wilcoX industries)と提携、HK417のアメリカ市場向け民間モデルであるMR762より国内生産を開始し、アメリカ現地法人の販売モデルであるHK417Dについても2011年前後の生産分からは順次国内生産に切り替えられている。, HK417はドイツ連邦軍など十数カ国に、軍隊や警察組織の特殊部隊が用いる自動小銃もしくは選抜射手ライフル(マークスマンライフル)として採用されている。, H&K社によって5.56mm型であるHK416と共にアメリカ軍を始めとしたAR-10/15系列の自動火器を装備する軍隊や法執行機関[注釈 4]に積極的な売り込みが行われた。特に、21世紀に入ると中東地域にアメリカ軍およびNATO軍が展開して戦闘を行った結果、5.56mm口径のアサルトライフルに対して遠距離での射撃性能や威力に勝る7.62mmライフルの有用性が再評価されたこともあり、「マークスマンライフル」としての採用に大きな期待が賭けられていた。, しかし、世界の軍隊において“7.62mm弾を使用する自動小銃”(いわゆる「バトルライフル」)は1世代前の制式採用品が予備兵器として大量に保管されていることが多く、マークスマンライフルとしてもそれらを改装したものが多く使われており、高性能とはいえ高価な新型を大量に導入する予算的な余裕や積極的な動機がない、という現状もあり、使用国そのものは多いものの、軍の制式装備として全面的に採用された例は少ない。開発段階からトライアルに参加していたアメリカ軍においても、マークスマンライフルとして使用されているのは従来から用いられていたM14を近代化改装したM14 DMR、M39 EMR、M14 EBR等であり、HK417は正式には採用されなかった。, HK417は自動小銃としては高精度な射撃性能を持つものの、同じ7.62mm弾を使用する「狙撃銃」としては専門に開発されたものには一段劣っており、ドイツ連邦軍においても、H&K G3自動小銃の狙撃銃型(H&K G3A3ZF及びH&K G3SG/1)の後継選定計画において、二脚を備えて狙撃照準眼鏡を搭載し狙撃銃仕様とした「G27」がG3の狙撃型に比べて携行性・操作性に優れると評価されたものの、遠距離射撃時における精度が不足しているとの判断が下され、不採用となっている。アメリカ軍による性能評価でも、同じAR-10自動小銃の系列であるSR-25に対し、射撃精度で劣るとの評価であった。, 上記のような問題はあったものの、HK417自体の自動小銃としての評価そのものは高く、限定的ではあっても使用国は徐々に増加しており、2015年にはドイツ連邦軍により「G27P」の制式番号が与えられている。民間型をベースとして開発されたマークスマンライフルである「G28(DMR762)」は2011年にドイツ連邦軍に採用されたのを始め、2016年にはアメリカ陸軍がM110狙撃銃の更新を図るために2012年より開始したCSASS(Compact Semi-Automatic Sniper System:コンパクト半自動狙撃銃システム)計画の採用試験に参加するためにハンドガード他の仕様を変更したG28E[4]が開発され、選考の結果、2016年4月1日、採用が決定し最大3,643 挺の導入が決定した[5]。H&K社ではアメリカ陸軍の要求に応じて各部に改良を加えてゆく予定で、最終的にはM110A1として制式採用される予定である[6]。この他にも数カ国の軍事・警察組織で評価試験が進められている。, セミオートのみとした民間向けモデル、「MR308」及び「MR762」は、当初は「高価である」「操作系が左右両用に対応していない[注釈 5]」といった評価がなされたものの、「7.62mm弾を使用する自動小銃」としては最新の技術で作られた製品であることから、知名度の向上と共に特に北米市場での人気が高まり、H&K社では上記の点を改良したモデルを開発し、販路の拡大に務めている。, 日本においても、陸上自衛隊補給統制本部の2014年(平成26年)の公募情報[7]に「技術援助」の名目で記載されており、これは以前「中央調達に係わる公告」に記載されていた[注釈 6]「小火器(試験用)(HK型)」と同一のものだと推定される。, 2008年に発表・発売された、セミオートのみとしガスブロックに規制子(ガスレギュレーター)が装備されていない民間市場向け型。MR308はヨーロッパ市場向けモデル、MR762はH&Kのアメリカ現地法人であるH&K Defence USA社によって生産・販売されているアメリカ市場向けモデルの名称である。, 銃身長は当初16インチ(406.4 mm)モデルのみであったが、後に20インチ(508 mm)の「-20"」モデルもラインナップに加えられ、初期生産型以降は16インチモデルの銃身長は16.5インチ(419.1mm)に変更されている[注釈 10]。ハンドガードは9インチ(228.6 mm)長と13インチ(330.2 mm)の2種類が用意されている。弾倉は最大10発装弾[注釈 11]と20発装弾のボックスタイプが用意されている。, 基本的には民間市場向けの製品だが、フルオート機能を必要としない、もしくはフルオート機能を持つ火器の装備に制約のある警察や法執行機関にも採用されている。なお、HK416の民間型でアッパーレシーバーがAR-15系列と完全互換となったMR556A1と異なり、MR762/308シリーズはロアレシーバーをAR-10やHK417と交換してフルオートモデルとすることはできないように設計されている。, サプレッサーを装着した狙撃仕様のHK417を持つ、アイルランド陸軍レンジャー部隊の隊員, HK417を装備している勤務中のオーストラリア軍の兵士(2013年、アフガニスタンでの撮影), H&K HK417の登場作品を表示するには右の [表示] をクリックしてください。, 16インチモデルは初期生産型以降は16.5インチ(419.1mm)モデルとなった。, 16/20インチ銃身対応の13インチ(330.2mm)長ロングタイプも用意されている。, 民間向けの銃火器は、特に北米市場においては「左右両用型である」ことに対するニーズが非常に高く、セールス上では重要なポイントとなっている。, KeyModに似ているがスロットの大きさも間隔も全く違うため互換性はない。なおHK USAのMR556/762のModular Rail System (MRS)とHKeyは互換性がある, G28タイプのハンドガードの場合、ガスブロックをハンドガードが覆ってしまうために規制子の調節ノブが隠れてしまうため、ハンドガード上半部左側面の中程には調節ノブ操作用のスリットがある。, 販売国の銃規制に対応するために、外形は同じだが装弾数がそれぞれ2/5/10発のものが用意されている。. Ff7 リメイク 録画禁止区間 10, 信用保証料 借り換え 仕訳 6, 単管パイプ 打ち込み アスファルト 4, 車 レンタル料 勘定科目 7, Sqlserver テーブルサイズ 見積もり ツール 5, Zowie Lod 変更 23, ライバロリ メンバー シップ 13, Bitlocker 無効化 禁止 7, Premiere Pro 画面 3分割 7, 国技館 升席 料金 7, Ps4 スリム ミックスアンプ 設定 19, ガーミンコネクト マイデイ 表示 されない 8, 電車 人身 死亡事故 遺体 5, 荷締めベルト 100均 セリア 11, 雨樋 エルボ 角度 4, Office Tab 2019 5, ヒバニー 折り紙 簡単 8, Au Icカード情報を取得できませんでした しばらく 32, セノビック 効果 中学生 女子 15, Apple Music 音質向上 アプリ 8, Javascript 画像 印刷 5, フリー ライド 250f シート 高 14, 婚活 真剣交際 婚前交渉 8, Dmr Xw31 電源が入らない 6, 2dsll 液晶 部品 6, 2 メチルブタン 立体配座 31, 大井中央公園 福岡 殺人 5, Kpop グッズ 中古 4, X T4 手ぶれ補正 7, Twitch Riot リンク解除 8, トヨタ 社員割引 レクサス 5, 猫 腎結石 寿命 4, フェロモン 匂い グレープフルーツ 23, 宮城県 中学バレーボール 選抜メンバー 2019 6, B'z 稲葉 妻 10, イシュガルド復興 マクロ 高難易度 10, ..." />

Hi, We are Farmland media.

Farmland media is a Los Angeles based web development studio. We leverage our experience with design and development to build exceptional online experiences. We work closely with design studios to execute their design with robust code and content management systems. We would love to be part of your next project.



RECENT WORK

Warning: Use of undefined constant flase - assumed 'flase' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /nfs/c06/h02/mnt/157438/domains/soundadvicebar.com/html/wp-content/themes/farmland_alpha/functions.php on line 211

Warning: Use of undefined constant flase - assumed 'flase' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /nfs/c06/h02/mnt/157438/domains/soundadvicebar.com/html/wp-content/themes/farmland_alpha/functions.php on line 213

Warning: Use of undefined constant flase - assumed 'flase' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /nfs/c06/h02/mnt/157438/domains/soundadvicebar.com/html/wp-content/themes/farmland_alpha/functions.php on line 218

Warning: Use of undefined constant flase - assumed 'flase' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /nfs/c06/h02/mnt/157438/domains/soundadvicebar.com/html/wp-content/themes/farmland_alpha/functions.php on line 220

Warning: Use of undefined constant flase - assumed 'flase' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /nfs/c06/h02/mnt/157438/domains/soundadvicebar.com/html/wp-content/themes/farmland_alpha/functions.php on line 222

Warning: Use of undefined constant flase - assumed 'flase' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /nfs/c06/h02/mnt/157438/domains/soundadvicebar.com/html/wp-content/themes/farmland_alpha/functions.php on line 224

Warning: Use of undefined constant flase - assumed 'flase' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /nfs/c06/h02/mnt/157438/domains/soundadvicebar.com/html/wp-content/themes/farmland_alpha/functions.php on line 246